サニー。

全力疾走、でも余力は残さないととか、

なかなか難しいよね。

どこをどう楽にしていいの?

と思ってたけど、

必要なものや人はすぐそばにあって、

見えていないだけなのね。

 

それらを使いこなせる自分が

備わってないと決めつけただけだ。

 

仕方がないという言葉は

愉以には似合わない

友達に言われて

なんだか自分を見ていてくれている人がいるということが

こんなに嬉しいとは思わなかった。

些細なことなのにねー。

 

写真は7月5日、足立区のわたなべ音楽堂での一コマ。

音楽で東北に想いをよせる企画に参加してきました。

直前の奥様方10名による木カリナ演奏の

君をのせて、を聞いて、

小学校の頃のみんなとの合唱部を思い出した。

思い出があるということは、

生きてるんだなぁ、生きてきたんだなぁと

しみじみしてしまった。