さて、昨日はゆったりリッチな阿部陽子さんのお宅へお邪魔して、

2回目のアイキョウブログ講座を受けてまいりました。

でも、ブログ講座の2回目の内容には進めなかった私(笑)。

もっともっと、自分に正直になってからじゃないとダメということに(笑)

いやはや、自分で自分のことがよくわかった日となりました。

 

それでも、ブログを書くのを1日置いたのは、

その”気づき”の消化に時間がかかったから。

自分の変化に正直になりたかったから。

「ブログは愉以ちゃんが本当に書きたいと思った日に必ず書くこと、

そうじゃなければ書かないこと」と陽子さんが釘を刺してくれました。

こうすることでまずは私が私自身に嘘をつかないようにするためです。

 

なんの話か全くわからないという方は、

私に興味を持ってくださった方は、下記を読み続けてください。

 

普段から私をよく知る人からは「八方美人タイプだよね」といわれます。

それは、小さい頃から商人の娘として育ったための接客のクセのようなものです。(自覚あり)

悪いことではありません~(^^)

 

自分を分析してみると、、、

自分を守るため、自分を保つために、(←なんですかね)

誰と話すときでも、他人の良いところだけを抽出して、付き合うようにしています。

もちろん、長所とともに短所も見るのですが、

短所を気にし始めると、相手を「好き嫌いフィルター」で見てしまうと

良いところに気づけなくなってしまうのではないかという

「モッタイナイ」が発動するのか、長所を過大評価するクセがあります。

 

本当は「仕事が出来ない人だな」と思っている場合でも、

周りの評価も聞いたり見たりしたうえで、

「周りから好かれている人気者で面倒見の良い人なのです」と紹介します。

「私の評価と、他人からの評価は違う」、「私だけの評価で判断してはいけない」が前提にあります。

本当は良い人かもしれないのに、悪口を言って取り返しのつかないことに・・・

みたいな事をもう無意識に考えてます(笑)

 

これ、これ、これがモッタイナイことをしてしまうような気がしてる、

勘違いの発動の瞬間です。

 

でも、この人にならどんな自分を見せても大丈夫と安心する相手には

隠す必要がないと無意識に感じているのか、

言葉の片隅には、私の愚痴(本音)がちらほら現れます。

 

陽子さんは私の会話の中で「違和感」を感じたそうです。

「愉以ちゃん、本当にその人のこと、周りの人から好かれてると本気で思ってる?」

結果、私はその人のことを

「仕事が本当にできない人だな、いいかげんな人だな」と思っていました。

 

「自分の言葉が自分をつくる、自分にまで嘘をついてはいけない」

陽子さんに昨日、教わったことです。

 

以前までは、歌詞を書いたり、ブログに思いをそのまま書いていた私は

そのときに自分を解放できていたようですが、

最近はFacebookなどで、知り合いが見ていることを意識し始めたのか、

書くことも疲れるようになっていました。

 

とにかく、私がこれからしていくことは、

自分のこのブログでうそはつかない!

自分の目でしっかりと世の中を見て、自分を見て、本音で話す

これを大切にしていきます。

 

そして、私の「モッタイナイ勘違い発動」は止めなくてはなりません。

自分がなんだか疲れるな、面倒くさいなと思うことには

がんばる必要は無いなということで、「切り捨てる事」を選びます。

 

「捨てる神あれば拾う神あり」の拾う神を思い出しました。

良い人に見られたいのですね。優しすぎるは嘘ですね。

なんのためですか。

 

自分に嘘をつかない=ざわつかない=心が安定している

見ている側にも安心を与えますね。

でも、なに、この人たちの安心感。すごすぎる(笑)。

阿部陽子

阿部陽子

 

ふぅ。

なんか、これまでの自分って面白くて不器用ですね(笑)

これからも、すくすく育ちたいです。