気づいたころから そばにいた
私より 小さな君は
いつも わたしのあとをついてきた
気づいたころから そばにいた
私より 小さな君は
私の いじわるにも負けない
ついてくるわりには 似ていない
そのはみだしたシャツをしまっておくれ
私は おしゃれが好きなんだ
その優しい目で私を見上げて
いつでも ニコニコ笑った 
ごめんよ いじわるなんかして
いつのまにか 大好きになってた
居るんだろ?部屋のドアあけて探してた
居ないんだ?どこにいったのかな
友達出来たのかな
それなら良かったな 私は卒業だ
気づいたころから そばにいた
私より 小さな君は
いつも わたしのことを見ていたね
見ていたからこそ 辛かったよね
悪いところまで 似ちゃダメなんだ
ごめんよ 教えてあげなくて
いつのまにか わからなくなってた
気づいてた?いつから知ってたんだ
忘れてよ いい思い出だけ残してさ
勉強頑張ってるかい 
そうだといいな 私行くよ
君だけが知ってた 誰よりも先に
君より私は 大きいのにね
いつでも 君にあまえてたんだよ
ありがとね ごめんね ありがとう
いつのまにか 私の背をこえてたね
あの時と変わらない目で笑う
同じDNAでつながっている
また会おうね その日が来ても
大丈夫 共に生きているんだ
愉以
https://sunny-place.org/