電車が駅について止まりました。
それまで立っていた私は、席が空いたので、座ろうとしました。
その時、可愛いおばあちゃんが乗ってきました。
どこか母に似ています。
(とは言っても、まだ母は若いですが笑)
席を譲りたかったけれど、おばあちゃんが乗ってきた位置からは、ここは遠いのでした。
あ、また席が満杯だ(>_<) 私が座らなければ、ここ、空いてますよ、と伝えたいけれど、遠いな。。 ちょっと声を出せば聞こえるけれど、逆に迷惑かな? すぐに降りるかもしれないし。 ジェスチャーしても、気づかれないかな、 そしたら私、ただの変な人に見えるかな。 座るの?座らないの? 私が座ろうとした椅子の周りの方は、隣に座るかもしれない私を見ている。 結局、座りました。 私が座らなかったら、今、乗ってきた他の若者が座ってしまうのだろう。 そしたら、次回は誰が譲るのか。 なんてことを考えて。 なんて私は、偉ぶった奴なんだろう? と、思うよ。 でも、席を譲るには、その椅子に座ってる人にしか出来ない? 立っている者には出来ない技。(技?笑) 初めから席が空いていても座らなければいいか?、 だとしても、空いているなら座ってもらった方が、 その空間が広くなって良い。 キリのない考えをいつもいつも、し始める私は、 何がしたいのだろう。 今日もつぶやくだけなのでした。 愉以 https://www.sunny-place.org/