7月に神奈川県から東京都に引っ越しをした愉以です。
ですが、またまた、引っ越すことになりました。

現在は、一軒家の一階をお借りして、
8畳×3の広いお部屋に住んでいます。

大家さんは2階に住んでいて、
それはそれはとても良くしてくださいました。
自慢の大家さん!です。

でも、今回の件で、大家さんとも気まずくなってしまいました。

引っ越しの原因は、部屋に繰り返し発生しているカビです。
カビが体調にそんなに影響するなんて思ってなくて、
でも、だんだん体調悪くなって来て、
気づいたら、どうしようもない。。。
すぐにでも引っ越しをしなくてはならない、、
そんな状況です。

引っ越しをして来た初日、大掃除から始まりました。
和室やあちこちを拭くと「緑色?カビ?」と思う汚れがあり、
「しばらく誰も住んでなかったからだなぁ・・びっくり!」
なんて思ってました。

でも、拭いても拭いても、一週間経つと、
「またカビるんるんだ・・・」状態。

でも、掃除を続けていれば、そんなのは消えると思っていました。
1階で、お庭も近いので、草むしりをしよう!と夏は頑張って、
一階だけど、窓も網戸で開けっ放しにしたり、
扇風機と換気扇はつねにまわしっぱなしにしたりと、
色々工夫はしていたのですが、なかなか消えない。

「冬がくれば、そのうち落ち着くだろう」と気楽に思ってました。
大家さんに一度も話した事が無かったのが今回の失敗です。

今回、会社から夏休みを頂いて、家にいる時間が増えて気づいたのです。

大家さんが帰って来てからでも遅くないのに、
大家さんのお出かけ中に、不動産屋さんに直接行って色々話してしまいました。

普通、不動産屋さんを通すのは当たり前の事だけど、
今まで、大家さんと距離が近かっただけに、
他の事はなんでもかんでも大家さんに話していたのに、
突然、「家に発生するカビで体調が悪くなった」
なんて不動産を通して伝えてしまい、失敗したと思っています。

ただ、今回、体調の事を気遣ってくださり、
「一緒に不動産屋さんについていくよ」
と言ってくださったママ(親戚)には感謝しています。

多分、ママがいなかったら、
「大家さんも素敵だし、家も素敵だし、なんとかできるはず」
と、ずっと居たと思う。
気づいたら喘息になっていたかもしれない。

わからない。
考えだすと、今更だけど、
なぜ、先に大家さんに相談しなかったのか?と後悔ばかりです。

もう早急に引っ越さなければならない。

同じ、この街で引っ越す予定ですが、
今日から会社には出勤で、時間があまり確保できません。

最後は大家さんと気まずくなってしまったけれど、
この家と、この大家さんとご近所の方の事は忘れたくありません。

出迎えてくださったとき、本当に本当に嬉しかった。
だからこそ、昨日の様な「他人行儀の挨拶」には本当に悲しかった。
「人との繋がりなんてそんなもんだよ、いい人なんて、その時だけ」
なんて周りは言うけど、そんなことないと思う、願う。

傷つけたり、傷つく事はあるけれど、
そうゆうことって生きてると沢山、あるあるある。
たまたま、今日、転んだだけ、
明日も、ちょっと連続で転ぶかもしれない。

でも、そうじゃない日もある。ある。あるある。

あるんだ。

そう思わずに、私は生きて行けない。

勝手な終わり方ですみませんが、ここで今日の日記は終わりにします。
これから、近所の方に良い物件はないかと聞きに出かけてきます。

愉以