image/2011-08-09T23:36:53-1.jpg
パジャマだけは自分で買ったことがない 。
なぜだろう。
母の洋服センスはいい。
そう、私のお母さんは洋服が好き。
お買い物が好きなんだと思う。
パジャマは小さい頃から、気づくと、、
可愛いものや使いやすいものを与えてもらっている。
パジャマならサイズとかあまり関係ないし、
家の中で着るものだから、細かいセンスを問われることがない。
買い与えやすいからだろうか。
(勝手に分析してみる)
たまたま栃木の実家を離れた時にも、
実家で着ていたものを持って行ったけれど、
それも母が買ってくれたものだった。
安心するというか、
与えられたものは好きになる。
自分1人で買ったものよりも、
買ってもらったものや、
一緒に選んでもらって買ったものは、
長年大切にしていて、捨てることがなかなか出来ない。
あ、そういえば、一度だけ、冬用のパジャマを、
好きな人が買ってくれたことがあったね。
私が『パジャマは自分で買わないの』と言ったら、
『じゃあ買ってあげる』と選ばせてくれた。
そんなこともあったね。
忘れてたさ。
そして今夜、実家に帰ってきた私ですが、
枕元に2組のパジャマが!!
確か他にも実家用に置いてあるのに。
新しいパジャマだ!
お母さんに聞いてみたら『持って帰りなさい☆』とのこと。
なんと!
母がくれる、私のパジャマは大体赤だったのだけど、
今回は少し薄い色の、赤と水色の2組☆
そして
嬉しい(*^o^*)